<< <教員免許>失効知らず講師採用 三重の県立高(毎日新聞) | main | 小児専門病院を臓器提供施設に=「5類型」提案−研究班(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


裁判員「性犯罪の刑軽すぎ」=未遂罪、求刑通り懲役7年−大阪(時事通信)

 盗み目的で民家に侵入し、居合わせた女子高生(17)に乱暴しようとしたとして、強盗強姦未遂罪などに問われた無職池田宏被告(41)の裁判員裁判の判決で、大阪地裁(杉田宗久裁判長)は5日、「これまでの性犯罪の刑は軽すぎる」と指摘し、求刑通り懲役7年を言い渡した。
 裁判員を務めた40代の女性は、判決後の記者会見で「重罰だったことを含め、裁判官のみの時とは違う、裁判員裁判だからこその判決だったと思う」と話した。
 判決は「少女は想像を絶する苦痛を被り、影響は生涯に及ぶかもしれない。相当の重罰で臨むほかない」と指摘した。
 判決によると、池田被告は昨年10月、侵入した大阪市内の民家2階で寝ていた女子高生の目と口を粘着テープでふさぎ、「死ぬのかレイプされるのか、どっちがいい」などと脅して暴行しようとしたが、父親に取り押さえられた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
新たに男ら逮捕、首謀格か=4200万強盗容疑
押尾被告の公判前整理始まる=本人が出席
保険金、容疑者で分け合う=妻が受取人、1億数千万円
女性に乱暴、男に懲役6年=「性犯罪審理、問題ない」

「おかしいと思ったら通報を」=振り込め防止にふりかけ配布−警視庁(時事通信)
<官房機密費>「使途解明は困難」答弁書を閣議決定(毎日新聞)
予算案が衆院通過、年度内成立が確定(読売新聞)
<バラ>送別シーズン迎え出荷最盛 愛知・一色町(毎日新聞)
岩手で推定1.9メートルの津波=入り組んだ地形影響−気象台調査(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • 05:21
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化 比較
パチンコ攻略
債務整理無料相談
無料ホームページ
2ショットチャット
ネイルサロン
クレジットカード現金化 還元率
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM